2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年11月 | トップページ | 2007年2月 »

拝啓、太刀魚様

拝啓、太刀魚様

いつもお世話になります。

今年は暖冬のせいか、例年姿をお隠しになる

この時期(12月)まで、いつもの浜で見かけること

ができ、大変光栄です。

とはいえ、人間の心を計ることに巧みな貴殿の

おかげで、傷心と慢心の連続。それゆえ

不覚にも心落ち着かない日々をすごしてます。

渚の秋の風物詩 太刀魚様、小魚を追い求め

水面に浮上する銀色の勇姿見たさに、

浜に通いつめて今年で15年になります。

 この時期すっかり馴染みとなった、貴殿との

夜の密会にもかかわらず、いきなり差し出した

ご馳走(キビナゴ)の頭だけ食べ残すなんて

失礼ですよ!

また、すっかりお食事が終わったものと勘違いして

竿先をあわせると、スッと口から離し悠然と沖の

住まいに戻られる。

また、子供があめをなめる時のように、食事を

口にくわえてみたり離したりの繰り返し。

一言、行儀が悪すぎます!家庭環境や教育に

問題があるのではと勝手に勘ぐってしまいますよ。

(また、明らかに面会にはやる私の気持ち

を愚弄する冷酷なやり口ですよ!)

こんなやり取りの後、浜に一人残された私の気持ち

一度でもお考えになったことがありますか??

これらが脳裏に焼きつき、熱い情熱とわずか

ばかりの自信を幾度失いかけたことでしょうか。

しかし、聡明な貴殿のこと、人間の嘆きやプライド

にいちいち構ってられない。そんなもの勝手に

その時の人間の都合だけで思い演じてるのさ、

なんてお考えではありませんか??

その証拠に、ちゃんと食事を取っていただけるときは、

他の魚達よりもはるかに従順に対面していただけますよね。

時に私の慢心をとがめ、また自信不足を戒めたり

しながらも、飽きずにお付き合いいただける

変幻自在の親友(そう呼ばせてください!)に

心より敬意を表します。また、ご多幸を祈ります。

                            敬具

追伸

明日の朝4時にそちらに向かいます!新鮮な

小イワシが手にはいりましたから・・・(ワナワナ)

マラソン人生!

タイトルを打ち込むだけで心が熱くなる

マラソンを始めた8年前からの走行距離は

約1、5000Km程、赤道1週が40、054Km。

だからこの距離の実に4分の1以上を8年の歳月をかけ

走破したことになる。

現在も毎日約8Kmを50分かけて走る。

(佳境に入ると40Kmは駆ける)

人生はマラソン。とよくいわれる。

これは人生とははかりしれず愉しいもの

との意味であうか??

実は、私はそこまでこの競技にのめりこんでいる。

ある歴史上の偉人は

人の一生は重き荷物を背負い、遠き坂を上るが

如し。

といったらしいがこれに似た?過酷な

マラソンレース(?)が全国に多々ある。

その中のひとつで、今年はウルトラマラソンに初挑戦した。

100キロメートルを制限時間の15時間以内で走る。

過去のレースではフルマラソン(42キロ)が最長距離の

自分は、当初、この2倍強の距離に戸惑った。

挑戦は無謀との家族、友人の声を振り切り、

この9月に大分県国東半島で行われた

100Kmマラソンにエントリー。無事完走できた。

レースでは、天候は視界良好にも関わらず、

感動のあまり、幾度も前方が見えなくなった。

途中、足を負傷して、片方の靴を脱いで10Km強を

走ることを余儀なくされた。

しかし、自分を追い込みなんとかゴール!

その瞬間、次なる心の叫びを耳にした。

【また、来年もここにきてもっと早く走るぞ!】

やはり冒頭の名言、「人の一生は・・・・」は

至言である。

誠、人の一生もマラソンもそんなつもりでやれば

なんとかなるものである。

ランナーはよく、自己ベストを目指すと口にする。

この意味を自己流で解釈すると敵は以前走った

過去の自分。

その姿をわずかでも追い越すことが目標!

他のランナーの姿は全く眼中に無し。

もし自己ベストを1分でも更新できれば、自己換算では

約200m前を走るランナーに追いつける。

前を走るランナー(過去の私)は今の自分より若く

元気があるように見える。

また、走っていれば背後からは、老いという

人間の宿命(テーマ?)が迫る。脅威だ!

他、天候、家庭、体のコンディションなどが

更なる追いうちをかける。

これらに屈する方が楽であろうか?

だけど無性に勝ちたい!

精神的にも成長したことを証明したい!

これらの想念が、克己により現実のもの

となることをマラソンでは自己ベストと呼ぶ。

私はそのように解釈します!

レースを積むと、必然的に減少する、その充実感

を得るために、練習の日々が続きます。

(自己ベストとは破られる目的のために

存在する時限的な性格を持つ!?)

いや、とか言って結構愉しんでますよ!ハイ。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年2月 »