2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

携帯は殺傷力を持つ!子供の安全を考える。

15歳になると子供に護身用ナイフを持たすアラブ人の親。子を立派な成人とみなす儀式でもある。

封建時代には他の階級と異なる厳しい戒律により、その時代の精神性をリードした武士階級。

他人をあやめる権利と引き換えに、職務や名誉の為なら命に固執することなく、何時でも自らの命を断つために許された帯刀。

いずれも子を持つ親は、祖先の教えを敬いつつもごく自然に教育する。

「武器を持つ人をかなづちに例えると、彼等にとって問題はすべて釘に見える。」とはアラブの諺。

武力を持つと必ず使用したくなる!とは武の力学。

ただし、自分が所有するものが武器と気がつかなければ少し厄介な話となる。

近年、頻繁に新聞紙面をにぎわす携帯やネットによる子供同士のいじめによる被害である。

そもそもネット文化とは、見知らぬ相手と最初から内面同士の付き合いが出来る過去に見当たらぬツール。また、ローコストかつイントラクティブに情報をやり取りできる優れた文明の利器であることに異論はないであろう。

しかし、何分経験不足の子供に対してこの利器を与える場合、未熟な精神構造ゆえに誤った作用を加えることが多々あることを知る。

個から始まるいじめを多数の声により増幅させる点や、現実以上にバーチャルを信用したがる傾向性により、現社会は数々の悲劇を抱え込むことになる。

特に学校の裏サイト、2チャンネルなどは悪質性が高いところで評判のようだ。

(一体どうやって見るもか分からない自分も、ここは反省が必要か!?)

携帯やネットという便利なコミュニケーションツールが、言葉という凶器を借りて人間を罵倒する。

大多数のネガティブな現状肯定派を、ごく少数の好戦的人間の歪んだ感情操作により戦場に巻き込み、弱者を容赦することなく徹底的に痛めつける!

正々堂々と語れないことはネットで語る。他人を中傷する行為などは、むしろ堂々と語れる場所を与えられたかのごとく見受けられる。

文字に変換すると、悪辣な批判はますます憎悪の念を増長させ殺傷力すら持つ。

「他人を批判することで自らの存在を確立する。」とはよくある手法。

大人でも日常的にあることなら、子供の世界は押して知るべし。

「ネットを通じて他人を中傷することでようやく価値観を共有(?)できるグループができた。これからは仲間同志。同じ穴のムジナである。我々を批判する奴は許さないぞ~。いや間違ってもそのグループから敵視されることだけは御免こうむりたい!」

普通の子であれば考えることが当たり前。

このポジションを確保できたことへの安堵感からか、弱者を見つけては次から次に集団の力で苛め抜く。そんな陰湿な喧嘩が増えているときく。

我々の時代、つまり昔(?)はといえば

集団による暴行を受けても殴られる者に肝が座ってれば、その負けっぷりより、翌日からは散々殴られたにも拘らず殴った方から一目置かれ親しまれたとか・・・

また、勝者はすでに決着のついた勝負(けんか)を長引かせることはしなかった。また、あくまでもけんかに耐えうる精神力を持つ相手を選び、喧嘩の対象としていた。また、殴る側(苛める方)はあくまでも、一線を越えない喧嘩をルールとしていた。

そんなことを語るのは、過去にやんちゃ時代があったとする知人。

その彼はこう続ける・・・

今は違う!完膚なきまでに相手を叩きのめす。相手が強い、弱いなど意にも介さず。その結果として重大な危害を相手に与えるなどは始めから考慮しない!程度をわきまえることを知らない物同志が闘うから、こちらも仲裁したくとも手が出せない。

こう語る彼は合気道、柔道の有段者で、2つの段を足すと軽く二桁を超える実力者。

親と子のそれぞれの時代の喧嘩作法により、(無理矢理にも)今昔の感覚のズレを検証してみた。

さて、大人が利便性を感じてやまないこのネット文化ではあるが、未成熟な子供達に安易に手渡すことになると殊更にタガが必要ではないだろうか?

経験の少なさゆえ、見境いなく発する負の言葉の連鎖が、同世代の子供を絶望の淵に陥れる。過去に起きた悲劇的な事件が我々に警鐘を与える。

今後、殺傷性を帯びた武器ともなりうるケイタイおよびネットの利用につき、大人の議論を重ねていく必要性を感じる。勿論、立法化を含めて・・・

冒頭の話に戻るが、武器を渡すのは周囲が成人と見なしてからとするべきだ。

皆が所有するからでは、余りにも親の責任がない。

我が子だけは大人であって欲しいとする責任のない願望や、子供の所有欲のみを充たすためだけにこれらを与えることは慎むべきだ。

また、いじめとは犯罪。苛める側に大義や理屈など一切ありえない。あますことなくすべてが悪い。これらをさらに親が徹底的に教えるべきでもある。

引きも切らない凶悪犯罪が続く中、一向に減る気配もない校内いじめによる自殺の記事を悲しい気持ちで読み、子を持つ親として考えたことを綴る。

2008年えびすだいこく100キロマラソン-③参戦記

5月24日は朝から雨模様。

午前中で仕事を切り上げ、独り車で出雲大社に向う。

思えば昨年は、走友かつ酒友でもある※サブスリーのS氏と一緒であった。

※サブスリーとはフルマラソンで3時間を切るスピードランナー。競技者全ての中で僅か数%しかいない

車中、友とはしゃいだ1年前の記憶が鮮やかによみがえる。S氏は来週のしまなみウルトラに向け調整に余念がないとのことである。(目指せ、サブナイン!)

途中、雨は土砂降りに変わる。次第に明日の天気が不安になり始める。

しかし・・・レースの1週間前から、大会当日の天気はしつこいまでチェックしていた。

悪くて曇り、だが少しは晴れる!が大方の予想。

<因みに、気象庁が発表する全国天気予報のうち、明日の天気の的中確立は平均で82%程度という。これホントです。>

直前の予報では、朝のうち雨、のち曇り に変わる。

景色など楽しめる晴天に越したことはないが、曇りは走るのに過ごしやすいし・・・

小雨程度なら、この時期に汗もかかなくてこれまたいい。いや、雷雨ぐらいがしっかり印象に残りよいか!

(要するに・・・走ることさえできれば、天気などはどうでも好いのだ。)

さて夕刻に出雲大社に着き、昨年同様、車を大会ゴール予定地近くに駐車する。

明日は100キロかけて、しかも自分の足でここまで戻ることになる!

車を降りたと同時に缶チュウハイでひとり乾杯! (意味不明)

その後電車に揺られること1時間、車窓から1年ぶりにみる懐かしい風景。

少し経つと昨年苦しんだ宍道湖畔の直線コースが目に入る。ちょうど75キロ地点辺りになるだろうか・・・

「よし、明日は電車を追い抜く程、軽やかにここを走ってみせる!」

因みに・・・調子が悪くリタイヤすると、ゼッケンを見せることにより無料で電車に乗れるとのこと。関係者の細やかな配慮に頭が下がる!(いや、始めは知らない方がいいかな?)

やがて松江温泉駅に到着。その後バスに乗り換え松江駅に向い、駅前にある宿泊予定のホテルにチェックイン。PM6時。

その日のホテルの夕食は、魚と野菜が中心であった。追加メニューでやきとりと焼き魚をオーダー。そこでもいつもと同じくビールを中で3本!(これくらいは平気ですよ!と余裕)

そして独り部屋に戻り、9時過ぎに就寝。熟睡。。。爆音。

朝は2時30分に起床し、タクシーに乗り松江市役所に向う。そこはたくさんのランナーが美保関行きチャーター便のバスの出発を待つ。タクシーの運転手は早朝、ランニング姿の大勢の選手が集まる様子を見て驚いていた後、その目的を聴くとしばし無言。そのあとは何かにおびえる気配を感じた!?

定刻どおり、選手を乗せたバスは朝4時に出発。その30分後、大会のスタート地点である美保関の控え室に到着した。

受付を済ませ、あわただしく着替えを終える。荷物を預けると、スタート位置のある美保神社に向かう。

そこは選手の多くが、軽めのアップをかねながらも完走を祈願していた。私もお参りを済ませる。するとそこに懐かしい顔があった。

昨年末、私に続いてフィニッシュした姫路のNさん。

ウルトラマラソンは年間4回エントリー、ウルトラ歴10年を超えるベテランランナー。

会話を続けると、1年前の思い出がよみがえり、懐かしさもこみ上げる。

マラソンには、こうして1年に1度、会場だけで顔をあわす戦友の存在がある。

しかもどの面々も忘れがたい!貴重な体験が共有できた思いもあろうか・・・まるで100年来の知己?の如く、互いに再会を喜び合う。

さて、スタート時間の5時30分が近づいた。皆それぞれに、隣にいる選手と談笑している。

すると・・・いきなりバン!との号砲。(その時、会話に夢中であっただけである)

一体、いつの間に始まってしまったのか、緊張感のないスタートではある。

では、ぼちぼちいきますか!そんな遠足気分にも似たリラックスムードが周囲に漂う。

フルマラソンでは味わえぬ、ウルトラならではの雰囲気でもある。

さて、前半5キロの海沿いを過ぎると山に入る。まだまだ元気。

天気は曇り、雨は落ちてはいなかったが、目前を50Cm程度の広げたパラソルを頭に載せたランナーとしばらく並走。

用意周到!しかも見事な仮装で周囲の人を和ませる。(感謝)

仮装といえば・・・昨年、この大会に出没?した目玉親父を思い出す。

目玉親父の被り物をして、見事完走したあの男である。

(昨年のえびすだいこくホームページ報告書に掲載がある。)

昨年は、折り返し地点まで彼と話しながら走った。

初対面のレース中に再会を誓い、その後は一緒に走ったり呑んだりの交友関係が続く。

お互いのホームグランドで練習会なども重ねたが、このところは彼が経営する居酒屋あやめ亭(米子駅前)に場所を移し、彼の作る料理に舌鼓を打ちながらも、マラソン談義に花が咲く。5合酒ならぬウルトラ酒?を愉しんでいる。

皆さんも米子に行ったら目玉親父に会おう!(魚がとても美味しいよ!)

その彼、今回は事情により出場できなかった。(日南おろち、隠岐の島ウルトラにはエントリー) また、目玉親父の被り物をして走ってくれることであろう。

さて、話は脇道に数キロ?それてしまったがまだレースは続く・・・

25キロ近辺まで前述のNさんと山を縦走していたが、笠浦集落のエイドで見失う。

このエイドは凄い!おにぎり、バナナ、パンの他にすいかとイカ焼きなどでもてなしてくれた。とにかく、この大会のエイドは最高に美味しいものを振舞ってくれる。また飲み物にはスポーツ飲料の他、コーラまで準備がある。エイドの充実は、ウルトラ完走にはとても心強い味方である。

しかし、先はまだ長い!止まることなくおにぎりをつかんでエイドを後にする。

この辺りからは、たすきをかけた駅伝ランナーの姿が目立つ。

駅伝の部は個人参加より30分遅れてスタートするが、選手交替をまめにするタイム重視のチームなどには、あっという間に追いつかれてしまう。その後も次々と抜かれることになるが、ここはマイペース、マイペース!こちらは交替できない分、体力の消耗は許されない!

という訳で、えびすだいこくマラソンは個人の部とチーム参加の駅伝が交わってレースをする特徴を持つ大会でもある。

30キロ経過のタイムは3時間10分。山越えにしてはまずまずのペース。この後、55キロまでは、このコースで最大の難関でもある険しい山越えを迎える。

少し雲のかかる日本海ではあるが、景色の美しさに度々振り返る。

特に多古鼻、加賀の瀬戸辺りは絶景続きであった。

40キロを過ぎたあたりで、60歳からマラソンの世界に足を踏み入れ、それからというものフルマラソン出場は140回、ウルトラ40回以上を走破したというベテランランナーと並走する。まるで仙人だ!

その方、なんと東北からの参加とのこと。また、また驚くことにマラソン好きが高じて自分でも大会を2つ開催されているとの話。しかし、大会開催には大変な苦労が伴うとも話された。その話を少し紹介する。

まずは地元、市町村への協力要請。近年の市町村の度重なる合併により窓口が度々変わるなど、非常に交渉が難航する。また、警察との道路横断に対する安全性への見解が異なれば修正に意見交換を重ねる。この他に大勢のボランティアの確保、あてどもない資金面の確保など、大会開催までは次から次へと大問題が待ち構えるとか・・・これら重責を背負う任務に拘らず、自分の愛する競技に対する恩返しと、ランナーの喜ぶ顔を心の支えに頑張ってるとの貴重な体験談を有り難く頂戴する。

当たり前のように大会に参加しているが、実は影には多くの関係者の血の滲む努力があったのだ!規模が大きくなるとなお更であろう。あらためてえびすだいこくの大会関係者様にも御礼を申し上げる。

その後は、最も険しい山の九十九折が続いたが、なんとか立ち止まらず走り抜ける。

ウン、調子はまずまずだ!

ようやく中間ポイントの50キロを過ぎ、暫くすると着替えなどができる54キロ地点の大休憩所に到着する。5時間50分程度。(結局、最後までほぼイーブンペースで走ることとなる)

着替えはぜず、そこでおにぎり1個を果物とコーラと一緒に流し込むワザを決める(?)と、約3分後にはスタート。それ以上休むと、体がますます辛くなることは、過去の経験が教える。

54キロ以降は宍道湖を望む平坦なサイクリングコースとなる。

このコースは昨年なかった。山越えのコースが災害により使用できないため、今年は臨時の迂回措置がとられたようだ。しかし、走行距離は同じである!

70キロあたりまではなんとか元気に走れた。宍道湖は、時折吹く強風のせいか、まるで海の波であるかのごとくうごめいていた。少しは湖らしくしなさい!)

70キロを過ぎる辺りから向かい風に足をとられ、また少しの傾斜に体の反応が鈍くなり始める。

そこで地元クラブ出身という、紳士のSさんと併走する。話し振りでは50歳代とお見受けしたが、後姿は20代前半。また実にはつらつとした走りをされる。その彼も、前述したサブスリーランナーでもある。しかし、この半年間は仕事が忙しくて満足に練習ができなかったとか・・・

すでに足にきてるよ!と語りながら暖かい励ましを頂き続けた。

エイドで私を待つことしばしば。彼の態度から学んだことは、辛い時には声を掛ける!周囲を勇気づける。すると自分もしっかりする。ここはフルマラソンなどのスピードとタイムだけを競うレースとやはり趣きが異なる。Sさん、お世話になりました!

しかし選手同士もさることながら、さらに力を与えてくれる存在も忘れてはならない。

えびすだいこくマラソン最大の売り物はなんといっても沿道の応援とエイドの人の温かさ!参加費用の安さと充実した食べ物だけ目を奪われてはならない。(要するにすべてに良い!)

沿道のお年寄りが精一杯の声を選手に掛けてくれる。また、エイドでは選手が手に取りやすい配列を工夫して、飲み物や食べ物を並べ、またとりわけ明るい笑顔で迎えてくれる。80キロから90キロは肉体、心理的に最も苦しかったが、こうした皆さんのおかげで力をもらうことで乗り切った。ただ、ただ感謝の一言である。

さて、90キロからは力が蘇った。90キロを過ぎると別足!とは前述の目玉親父の語り。

一体、どこにそんな力が残っていたのかと自分でも訝るほどの元気を回復した。

もう少しでフィニッシュライン。そう思うと体はますます軽く気持ちもハイに!

最後の10キロを、1キロあたり5分を切る猛スピードで一気にゴーーール!!

テープを切った瞬間、自分を信じて走れたことへの喜びが体を包んだ。

旨い!水を一気に飲み干して今まで走ってきた道を感慨深く見やり、そして一礼した。

「沿道の皆様、エイドのボランティアや大会関係者の皆様、長い一日をお付き合い頂き本当に有難うございました。」との気持ちをこめて・・・

帰路、中国山脈の山あいからようやく顔を出した夏の日を感じさせるほど大きな夕陽に向かい語った。

「おや、今日は遅番かい??こちらは仕事を終え帰宅の最中さ。ところで、来年こそスタートから一緒に2009年えびすだいこくマラソンに参加しようぜ!それまではお互いに燃え尽きないようしっかり鍛えようぜ!!」

ゼッケンNO/ 149

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »