2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

えびすだいこく100キロマラソン2009参戦記-2

スタートと同時に、トビウオ漁でも有名な美保の港に別れを告げる。

10年程前にあれほど関心を持った魚釣り・・・この港に以前はマラソン以外の目的で訪れていたことが、今では不思議に思える。(釣竿がランニングシューズに、えさは魚用でなく自己消費に、また釣果がラップタイムに変わっただけ?)

福浦集落に続くまでの海岸線は朝から多くの釣り人が集まり、時には竿を曲げる場面にも遭遇できた。

えびすだいこくマラソンは、こうした太公望が羨む場所を海岸線沿いに、東から西にめぐるコースでもある。

スタート直後は肌寒さもあり全体のペースもすこぶる速かった。まるでフルマラソン??

少し上げ調子でなければ体が温まらないこともあってか・・・5キロのスプリットが25分。さすがにオーバーペース気味である。平坦な道ではそれほど負荷を感じなかったが、100キロを走り抜くスタミナを考えるとここは自重が必要!とばかり少しペースを落とす。

落とすと同時に後にいた女性3人に追い抜かれた。その走りは力強さのなかに弾力性を合わせ持つ、いかにも女性らしく無理のないフォームであった。やがてグングンと離されていった。

しかし・・・姿がすっかり視界から消えた後でさえ元気に語り合う関西弁が聴こえてくることが実に不思議でもあった。

「早い!だけどこんなペースで大丈夫だろうか?」

最近のフルマラソンレース参戦において、ようやく女性を見かけない位置で走れるようになった自分にとっては久しぶりの出来事。目を疑うと同時に、少々心配にもなった。

「だけど、大抵の女性ランナーは無理しない、また大崩れしないとの法則がある!」

やはりここは日本の文化健在!大和撫子よろしく、恥じらいを美学とする気持ちの働きのためであろう。かって女性ランナーの後について走る意義をベテランランナーから教わるたびに、こうした話を繰り返し聞かされたことを思い出す。

この「女性は大きく崩れない法則」であるが、多くの場合に当てはまる事をここまで見てきたことも事実である。

「女性は強いぞ、母はさらに強い!もっといえば関西弁の女性は何より強い?!」

個人的にわずかに苦手意識があることを認めるが・・・ここで改めて100キロマラソンに出場する勇猛な女性に関心する。

だけど、できる事なら周囲にごろごろいないで欲しい!とは、婚活中のチームメイトの談。(そんなこと言っているからまだ・・・・)

さて、10キロまでの山道を駆け抜けると見渡す限りが一面の海、日本海を再び臨む。

この頃よりようやく足と呼吸のリズムが合い始めた。この辺りまではランナー同士が多くを語り合うことをしない。それは、各々に速度と調子を五感で確認する作業が必要なためである。

しかし、一旦速度が決まると話し相手が欲しくなるのが当然の理。

3時間程度で走るフルマラソンならまだ我慢も出来る。(誰ともしゃべりはしない!)しかし、半日近くを要するウルトラマラソンにおいて、誰にも話しをしないなどもったいない!また考えられない!

皆が同じ趣味を持ち、当日はゴールを切る共通の目的で走る。加えて各自が少しだけ変態?を自負、または意識している。一期一会を愉しむ事もウルトラマラソンの醍醐味にある。100キロの長丁場では、抜きつ抜かれつを繰り返す。勿論、順位を意識しての事ではない。

「おや、トイレでしたか。」「やっと追いつきましたねえ-」ペースの近いもの同士が終止こんな調子で短い言葉の挨拶を繰り返す。

鳥取から来たランナーのTさんもそんな中の一人。自然にペースが合い、お互いのことを語り始める。

因みに私の場合は人から話しかけられるより、話しかけるほうが圧倒的に多い。

この人は間違えなく話しかけてくるタイプと思われるのであろうか??(要するにおしゃべりに見えるのか?摩訶不思議だ!)

このTさん。4年前よりウルトラマラソンやトレイルランにはまり、最近では単独練習において90キロを走破!「ランナーの屍は決して拾うな」など残酷レースとして名高いハセツネカップや、萩往還250キロなどなど一流の集うトップレースに多数参加し、また見事に完走を続けているとのことであった。また、圧巻は全身パンダのぬいぐるみでハーフマラソンにエントリー、脱水症の危機を乗り越え自己ベストから僅か25分遅れて完走したようだ。(参加者1名の被り物部門優勝と、被り物コースレコードという大会珍記録はいうまでもない)

標高1700メートル級の鳥取大山を庭とするスーパー・ドM級ランナーだ。

彼とは30キロ地点までなんと20キロ近く並んで走った。実に楽しく明るいランナーで、語り合いながら瞬く間に時は過ぎた。かなりの時間が経過した後のこと、彼が250キロ走りきった萩往還マラソンの後半、眠気の余り意識が薄れゆく中、横たわる道路の縁石がまるで女性の顔に見えて驚いた。それはあたかも幽霊が飛んでくるようにも見えたと話した時であった・・・私はその話に聞き覚えがあった!

「そういえば昨年、お会いしましたよね-」

彼も記憶に残るところがあったようで、併走後2時間経過した後に遅ればせながらお互いの再会を祝う?!

その後も走行中に熊と鉢合わせをした話など、面白おかしく聞いていたが30キロ近辺のエイドで彼を見失う。

「有難う、元気を頂いた!今日のところはもう合えないかもしれないが、またどこか残酷なレース会場に行けばきっと会えるだろう・・・」

しばらくしてチェリーロードのアップダウンに差し掛かる。マップに高低差は100メートルとあるが、感覚的にはもっと起伏があるように思えるのは恐らく小刻みに変わる高低変化の仕業であろう。

高い場所から見下ろす海岸線は絶景が続く。何度見ても見飽きる事はあるまい。

激しい波が崩した様子が一見でわかる岩が視界に広がると、ついつい足を海岸線一杯に寄せて走りたくもなる!また、寄り道したい衝動に駆られるのもこの辺りである。

「いつの日か、体力がついたらコースアウトしてみよう!」

こんな気持ちになるのは、ここがまだ30キロ程度の道のりにあるからに違いない。

30キロのスプリットは2時間44分。よし、予定通りだ!

大芦、御津の集落は応援が多い。消防隊の方々に加え、地元のお年寄りが精一杯の挨拶をしてくれる。沿道の応援にはいつも勇気づけられる。

「頑張れや~兄ちゃん、来年もおいで」

「ありがとう。おばあちゃんこそ来年も同じように元気に見にきてねえ!」

暖かい声援に手を振り返し、出来る限り精一杯の笑顔にて応える。

まだまだ余裕の折り返し前、50キロ地点。ここでのスプリットは4時間32分。

少しだけ足に疲労を感じ始めていた。

えびすだいこくマラソン2009参戦記-1

5月31日は自身第三回目のエントリーとなる、えびすだいこく100キロマラソンに参加した。

大会前日の5月30日、走友のS氏と開催地近くにある本日の宿泊地、松江に向うバスに乗り込む。

二人でバスの最前列に陣取り、レース前の情報交換やら最近の練習状況を缶ビール片手に語り合う至福の時間。。。否が応でも盛り上がる!車窓から見える中国山脈の新緑は生き生きと茂り、この奥地でも訪れる長い冬から短い夏への季節の移り変わりを感じる。

景色を眺めるのはそこそこにバスのトイレ休憩ではついついビールの給水。

このペースでは夜まで続かぬと自制すれども・・・会話がはずむとのども渇く!

前置きはさておき、実はこの辺りからがレース突入のタイミングであることがウルトラマラソン!!この場はしっかりカロリーの高い水分を補給しなければなるまい。(昼間から酒を飲む言い訳か!)また、つまみ1つに気を使う。ひとまず熱量を蓄えておきたい!

この穏やかなひと時でさえ、大会当日の睡眠時間と飲酒量をしたたかに計算している。

(補足すると・・・レース1週間前から食べる物の種類をスケジュールに立てる。因みに左程好きでもないスパゲッティーを週の後半にかけて執拗に食べる念入りさに、家族や周囲一同が半ば呆れていた!)

夕刻ホテルの着き食事をビールと共に流し込むと、午後9時に待ち構えたように睡魔が訪れる。

(これも前日あえて1時間睡眠を減らした賜物だ!?自画自賛の演出に思わず笑みがこぼれる?)

そして朝の2時30分起床。

「ありがとう。今回もすっきり目覚めることができた!!」

手際よく着替え、前日コンビニにて用意した弁当を食べる。

朝から豪華?幕の内弁当を完食する元気に思わず安堵する。

夜明け前の3時30分、S氏とタクシーにて集合場所に向う。

車中、運転手さんが不思議そうに尋ねられる。

「先ほどもこちらでお客さんを降ろしたのですが一体今日は何か??」

「えびすだいこくマラソンです。」

「フルマラソンですか??」

「いえ、100キロほど走ります」

「・・・・・・・・・・・・・・」

車中における会話で、運動しないことをしきりに反省する運転手さんに運動の大切さを繰り返しアピールしたが、そこまで走ると健康に悪いのでは?と逆に心配されてしまった!

(この手の会話はついついランナーの自慢話しに聴こえてしまいがちであるけど・・・実のところその通りかもしれない。しかし伝えたいことは、健康は自分の努力で勝ち取るものということ。またお節介かもしれないが、誰もが病気にかからず健康を維持して欲しいとの願いでもある。)

集合会場よりバスで30分。運良く?補助椅子に座りしっかり揺られると再び睡魔が襲い、ここでも思わぬ睡眠を稼ぐことになる。ラッキー!

夢心地の中・・・スタート会場地点の美保神社に到着する。

そこは、かって漁獲水揚げ量日本一を誇った境港が対岸にみえる。

一年ぶりの光景に思わず懐かしさがこみ上げる。

「さあ、今日も楽しく、長く、特別な?一日が始まる」

夢見心地でゼッケンを着け、スタートラインに並ぶ。

お馴染み、唐傘お化けのコスチュームのランナーの背後には兵庫のNさんがいた!

他にも懐かしい面々もちらほら見える。

印象深いランナーと1年に一度会える!

これも同じ大会に毎年参加する目的の1つにある。

また、今回は青い目のうら若き外人女性までいた。

やはり人間の外観は、心象に大いに影響する!

美しさに見とれつつも、常識的でないレース参加につき余計な心配をしてしまう。

「何よりご自身の意思でスタートラインに並んでいる事を心より願う!?」

しかし多くの参加者は自らの変態(身)願望のため、こうした競技に参加することは疑いない事実であろう。

こうして早朝の5時30分。

号砲とともに私を含む287人(個人参加で団体は約700名)の変態願望を持つ輩が、100キロ先の出雲大社まで自らの足でたどり着く事を目標に走り始めた。

5月末としては珍しく肌寒いほどの朝、見上げた空はどんより厚い雲に覆われていた。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »