2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 正々堂々! | トップページ | 聖湖マラソン参戦日記2011 »

昆虫のご馳走

仕事上の付き合いが長く続き、お互いすっかり顔なじみとなるヤマト運輸のドライバーさんのご招待で昆虫採集に出掛ける。

自宅より車で5分も走れば山がある。いつもはトレイル走でお世話になる山々に、今日は異なる目的で足を運ぶ。

3時起床、くずる子をふとんから引っ張り出して車に乗せると、すでに友人親子とドライバーのI氏が集合場所に待ち受けていた。

さて、そのI氏である。

40歳に手がかかるほどの年齢ではあるが、趣味は少年時代から続く昆虫採集。

なかでもカブトムシの魅力に取り付かれ、シーズンに数百匹もの採集をすることもあるツワモノ。

少年の面影を残す彼は、礼儀正しいドライバーの中にあってもとりわけ好感が持てる。

さて、元々昆虫採集好きの私ではあるが、夏山でやぶ蚊やスズメ蜂に追いかけられるより、雲を追いかけ走りまわる趣味に転じて久しい。

そのため臭覚、嗅覚などの五感が鈍り、採集に行くが連戦連敗の年が続いていた。

3年前にミヤマクワガタのつがいを捕獲して以来、子供にいいところを見せていない。ここは起死回生といきたいところでもある。

そのために、I氏は願ってもない助っ人である。頭にサーチライトを被りつつ軽快に山に入る時の彼の姿が、横から見るとカブトムシに見え笑えた。(失礼)

さて、周辺のクヌギの木が軒並み切り落とされ、彼のホームグランドもかなり荒らされたと嘆く。

その理由は、宅地造成や墓地整備にある。

昔、里山にはクヌギ、ブナ、ナラなどの広葉樹が密生し、周辺の人々も木々を大切に扱うことで豊かな自然循環が成り立っていた。

木々により、小川は急激な温度上昇を防ぎ、木の実や昆虫などの落下により魚が成長するなど、物理的な生物循環があった。

現在、放置された竹やぶが広葉樹を侵食し、かっての里山の原風景はすっかり陰を潜める。また、著しい生態系の変化をも引起す。

また、排気ガス、黄砂、酸性土などの影響により、木々はかってないほど樹勢を失い、早くから老木の体をなしている。そう、山に入るとよく分かる。

昔あれほどいたカブトムシが年々減る傾向にあると、虫取り名人のI氏も嘆く。

空を見上げると満天の星、一体我々は地球をどうしていたわってあげられないのだろうか。。。

そんなことをよそに、子供達は嬉しそうにはしゃいでいる。

折角の早起き、三文以上の得をしたい!

秘密の場所に到着、車から降りて歩く事約5分。

そこにお目当てのクヌギの木があった。

サーチライトで照らすと直径1メートルもある大木。

その中央部に大きな窓のような陥没部があり、すきまから樹液が滴る様子が分かる。

しかし・・・肝心の主役の姿が見えない。

『あ、カマキリだ!』友人の子供が叫ぶ。

大きなカマで蛾を捕獲し、食べている様子が分かる。

『他に何か見えないか??』

そこに、小さなマイマイが奇妙に歩く姿を確認した。

虫を見たことのない子供達はなんでも珍しそうであった。

『触ってみたら?』

子供に誘うと、つかんで直ぐに放り投げる。

『殺生なことはやめようよ!』

そこで考える。自分はこれまでに一体、どれほど多くの罪のない昆虫を捕獲し命を奪ってきたことであろうか・・・引裂いたり、他の昆虫と戦わせたり、また動物のえさにしたりと虐待の限りを尽くす少年時代を送ったではないか。。。いや、待てよ、それでもそうした殺生により命のはかなさや、小さな動物の弱さを、幼いながらも全身で感じていたのではないか。

現在、都会に住む子供や山で遊ぶ事のない子供は、こうした体験を持ち合わさない。これでよいものだろうか?一体どのような生命体が山で暮らしているのか?こうした事情を肌で知る事こそ、自然を見つめる心をはぐくむのではないだろうか??

子供のころ慣れ親しんだ遊びを大人になって行なうことではじめて、現在の子供との境遇の差が比較ができるものだと感じた。

一行は次に場所を移動し、そこでようやくコクワガタのつがいを採集できた。

今回、友人の子供達もはじめての昆虫採集とのことで、とても喜んでくれたようだ。また、大役をお願いしたI氏も、それを見て安堵した表情であった。本当に有難うございました!

さて、最後にI氏が話した言葉である。

『昔のカブトムシ。それはもう大きかったんだ。また、ノコギリクワガタのオスの体長は10cmを超えていた。立派で貫禄のあるノコギリに惚れ惚れしたものなんだ。だけど、ここ数年のカブトやクワガタは総じて小さい。その理由は栄養のない土にあると思うんだ。幼虫の時、いかに養分を土から吸収するかによって、成虫のサイズが決まる。子どもはどんな生き物も同じなんだね!』

里山を今一度整備し、早急に腐葉による自然循環の正常化を考えなくてはいけまい。

虫取り名人の口を通じて、森の生き物からのメッセージを聴いたような気がした。

« 正々堂々! | トップページ | 聖湖マラソン参戦日記2011 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185064/41378820

この記事へのトラックバック一覧です: 昆虫のご馳走:

« 正々堂々! | トップページ | 聖湖マラソン参戦日記2011 »