2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 坂ベイマラソン参戦記 2012年 | トップページ | 佐北駅伝参戦記 2012年 »

ペース走終了、いざ本番へ。

今朝のメニューは42キロペース走。

4分30秒設定がノルマである。

2週間後に挑む防府読売マラソンのイメージができれば成功だ。

コースは自宅を起点に海を囲む約8.3Kmの周回コース。

このコース、全く信号がないことよりペース練習にはうってつけだ。

また、後半に控える全長1キロ、勾配5.1%の大橋がご褒美でもある。

唯一難点といえば、海沿いのため強風が吹き付けることか。

しかし、本日は風の無い絶好のRUN日和。

惣菜パンを水で流し込み、暗闇の中、早朝6時元気にスタート。

LED懐中電灯で足元を照らす。

しかし、暗いから照らす訳ではない。

これまで14年間も走り込んできたマイコースだ。凹凸がどこにあるなど、目をつぶっていても分かる。

だが、犬の糞だけは予想が付かない。

嫌な想いをするたびに愛犬家、いや日本人のモラル低下を嘆かざるを得ない。

こうして迷惑を顧みない輩に限り、自宅前にある糞に目を向いて怒りだすのは間違えなさそうだ。

いきなりエンジン全開である。

今朝の気温は3℃。

連日、今年一番の冷え込みを更新中である。

しかし、すれ違うランナーもいる。

思えばここ数年で増えたものである。

実はこのコース。3年前に信号機のない走りやすいコースとしてマラソン雑誌に紹介されたことがある。

以来、ランナー急増中でもあるが、皇居のようにトラブル多発など有り得ないのどかな海岸道路である。

顔見知りから声をかけられる。

「あれ、福岡国際マラソン??}

「はい、私がトップランナーです?」

時間も場所も実力も・・・見当違いも甚だしい!

無事5周、42キロを走り終える。

3週目で一時落ちたラップも4週目になると回復。

最終回は、4週目より幾分落ちたが、それでも3周目よりタイムが短縮できた。

結果からみれば34キロからビルドアップ、上々の走りであった。

残る2週間、スピード練習を中心とし、疲れを多く残さない練習に切り替える。

P3222291

« 坂ベイマラソン参戦記 2012年 | トップページ | 佐北駅伝参戦記 2012年 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185064/48057712

この記事へのトラックバック一覧です: ペース走終了、いざ本番へ。:

« 坂ベイマラソン参戦記 2012年 | トップページ | 佐北駅伝参戦記 2012年 »